◆ 裏RPE

本文へジャンプ  

 

【裏】RPEJournal=======================================



     【裏】ロシア政治経済ジャーナル No.43


                      2020/8/26


=======================================================

★ベラルーシ情勢と2014年ウクライナ革命の違い



全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今回の話は、


◆裏RPE42号 2020年8月19日
ベラルーシで革命が起こる?


の続きになります。

まだの方は、まずこちら↓からご一読ください。
https://rpejournal.com/urarpe42.html



ざっくり復習から。

8月9日、ベラルーシで大統領選挙がありました。

現職のルカシェンコさんが、80%の得票率で、【 6選 】
を果たした。

この結果を信じられない民衆が、「選挙やり直し」を求め、
大規模デモ起こった。

それは、現在もつづいています。



▼ベラルーシの地政学的位置



ベラルーシの南隣は、ウクライナです。

ベラルーシもウクライナも、旧ソ連の国。

ロシア人から見ると、「かつて自分の領土だった国々」と
なります。

(ロシア人の頭の中では、ソ連=ロシア帝国である。)

そして、ウクライナもベラルーシも、
「欧州とロシアの真ん中」にあります。

ロシアは、「ウクライナとベラルーシは、
欧米の侵略を防ぐ緩衝国家だ」と考える。

欧州は、「ウクライナとベラルーシは、
ロシアからの侵略を防ぐ緩衝国家だ」と考える。

それで、、欧米とロシアの取り合いが発生する。

地政学的に、非常に不幸なポジションにあるのです。



▼2014年ウクライナ革命



ベラルーシの南隣の国ウクライナで2014年2月、
革命が起こりました。

そして親欧米政権が誕生した。

このウクライナ革命。

「アメリカがやったのですよ」と日本でいえば「陰謀論者」
でしょう。

しかし、これは事実です。

実をいうと、オバマ自身が、
「あれはアメリカがやったのだ」と公言してます。

「ロシアの声」2015年2月3日付から。


<オバマ大統領 ウクライナでの国家クーデターへの米当
局の関与ついに認める

昨年2月ウクライナの首都キエフで起きたクーデターの
内幕について、オバマ大統領がついに真実を口にした。

恐らく、もう恥じる事は何もないと考える時期が来たのだろう。

CNNのインタビューの中で、オバマ大統領は「米国は、
ウクライナにおける権力の移行をやり遂げた」と認めた。

別の言い方をすれば、彼は、ウクライナを極めて困難な状
況に導き、多くの犠牲者を生んだ昨年2月の国家クーデタ
ーが、米国が直接、組織的技術的に関与した中で実行され
た事を確認したわけである。

これによりオバマ大統領は、今までなされた米国の政治家
や外交官の全ての発言、声明を否定した形になった。

これまで所謂「ユーロマイダン」は、汚職に満ちたヤヌコ
ヴィチ体制に反対する幅広い一般大衆の抗議行動を基盤と
した、ウクライナ内部から生まれたものだと美しく説明さ
れてきたからだ。>



「う~む本当だろうか~~???」


それでも信じることができない人は、「You Tube」で

「Obama admits he started Ukraine revolution」

を検索してみてください。


この革命で、「親ロシア」のヤヌコビッチ政権が倒れました。


プーチンのリアクションは、苛烈でした。

革命翌月の2014年3月、ロシアは、ウクライナからクリミアを奪った。

2014年4月、ウクライナ東部ルガンスク州、ドネツク州(
いわゆる東部「親ロシア派」)が独立宣言。

ウクライナ新政権は、当然2州の独立を認めず、
内戦が勃発しました。


このウクライナ革命では、

アメリカ、欧州は、積極的に親米反ロシア新政権を支援していた。


ロシアは、革命の復讐として、クリミアを奪い、東部2州
を事実上の独立に導いた。

ウクライナは、革命の代償として、クリミア、ルガンスク、
ドネツクを、事実上失ったのです。



▼ベラルーシ情勢に対する、欧米ロシアの態度



さて、ベラルーシについてはどうでしょう?

まず、プーチン・ロシア。

産経新聞8月17日を見てみましょう。



<ロシアのプーチン大統領とルカシェンコ氏は15、16
日の連日、電話会談し、デモには「国外勢力の関与」の可
能性があるとし、事態収束へ協力することで一致した。

現地報道によると、ルカシェンコ氏は外国の軍事的脅威を
受けた場合、「ロシアが全面支援する」と明らかにした。

両国は露主導の「集団安全保障条約機構」(CSTO)に
加盟。

同機構は加盟国に国外勢力が介在した政権転覆などの脅威
が発生した場合、軍事を含む相互援助を行うことを定める。



最後の部分、重要です。


集団安全保障条約機構」(CSTO)は、


<加盟国に国外勢力が介在した政権転覆などの脅威が発生
した場合、軍事を含む相互援助を行うことを定める。>


たとえば、大規模デモでルカシェンコ政権が倒れそうにな
った。

するとプーチンは、「欧米がクーデターを起こした!」と
いう大義名分で、

軍隊を派遣してルカシェンコを守るかもしれない。


ウクライナ革命後のプーチンのリアクションを思い出せば、


「彼ならきっとやるに違いない」と思えるでしょう?


メルケルさんやマクロンさんも、きっとそう思っているはずです。

それで、ドイツもフランスも、露骨な介入ができません。


問題は、ウクライナ革命を起こしたアメリカです。

アメリカの態度はどうなのでしょうか?

これは、ウクライナの時と比べると、全然積極的ではない。

なぜでしょうか?


第1の理由は、トランプが、そもそも親ロシア、親プーチン
であること。

米ロ関係は民主党、議会が邪魔をするので悪いまま。

しかし、トランプが親ロシア、親プーチンなのは、ずっと
一貫しています。


第2の理由は、ベラルーシが、「最重要課題でない」こと。

皆さんご存知のように、アメリカは今中国と覇権戦争の真
っ最中。

中国を退治しなきゃいけないので、ベラルーシを支援して、
ロシアを怒らせるわけにいかないのです。


というわけで、アメリカは「ベラルーシ革命」に興味がない。

テレ朝ニュース8月26日を見てみましょう。


<モスクワで25日、ロシアのラブロフ外相とアメリカの
ビーガン国務副長官が会談しました。

ロシア外務省によりますと、ラブロフ外相はアメリカなど
が検討しているルカシェンコ政権への経済制裁について
「容認できない」と主張しました。

そのうえで「反体制デモの支援などでベラルーシの内政に
干渉すべきでない」とアメリカ側を強く牽制(けんせい)しました。

モスクワのアメリカ大使館によりますと、ビーガン氏はベ
ラルーシ治安当局による市民への暴力を非難しました。

ただ、アメリカ側から反体制派が辞任を求めているルカ
シェンコ氏の進退に踏み込んだ発表はありませんでした。>



最後が重要です。

「ルカシェンコ氏の進退に踏み込んだ発表はありませんでした」


なぜ?

アメリカにとってベラルーシ問題は、最優先課題ではないから。


ベラルーシ情勢はこれからどうなっていくのでしょうか?

はっきりは、わかりません。

しかし、ルカシェンコの後ろにはプーチンがいる。

反体制派の後ろにいる欧米は、あまりやる気がない。


そういう現実があります。


●重要PS


この記事が面白かった方は、裏RPEにご登録ください。

完全無料です。↓
https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8


新しく立ち上げたせいか、人によっては、
「これは危険サイトです!」と出るケースがあるようです。

その場合は、無理に登録せず、私の方にご連絡ください。

メルアドは、tjkitanojp●yahoo.co.jp です。

(●の部分に @  を入れてください。)、





=======================================================


○メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



=======================================================

HOMEプロフィール北野の声読者の声北野の夢北野が登場したメディア|北野が登場した動画|裏RPEバックナンバー