◆ 裏RPE

本文へジャンプ  

 

【裏】RPEJournal=======================================



     【裏】ロシア政治経済ジャーナル No.23


                      2020/5/30


=======================================================

★第2波に備えた方がいいでしょうか?



全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


安倍総理は5月25日、1都3県、北海道の緊急事態宣言を
解除すると発表しました。

これで、4月7日からはじまった「緊急事態状態」は終わる
ことになります。


緊急事態宣言が出された翌日の裏RPEは、


★緩くて遅い「緊急事態宣言」、海外からの批判を
気にする必要はない理由

でした。


<正直いうと、私も「日本政府の緊急事態宣言は、『遅す
ぎる』し『緩すぎる』」と思います。

ですが、「効果はある」と思います。>


と書き、三つの理由を挙げました。

@全文はこちら。↓
https://rpejournal.com/urarpe6.html


予想通り、大いに効果があり、めでたく解除となりました。

では、これからどうなっていくのでしょうか?



▼終息は困難という現実



世界の状況を見ると、感染拡大の中心地が移っていること
がわかります。

まず、中国、

そして、日本、韓国、イラン、イタリアが大変だといわれ
ていました。

その後、イタリア、スペイン、イギリスなどで感染爆発が
起こった。

それがアメリカに移動して、この国は感染者数も、
死亡者数も世界一になってしまいました。

アメリカの後、ロシア、そしてブラジルで感染爆発が
起こっています。

今日の時点で、感染者数がもっとも急増しているのは
ブラジルでしょう。


ですが、「感染爆発」は長期間つづきません。

だいたい1~2か月でピークを越え、新しい感染者数が
減っていきます。


そして、過去に感染爆発があった、中国、韓国、欧州では、
自粛措置が緩和されている。

ロシアでは、いまだに毎日8000人ずつ感染者が増えている。

しかし自粛が緩和されつつある。

アメリカですら、徐々に経済活動が再開されつつあります。


「感染爆発は1~2か月しかつづかない。」


これが一つの事実。

もう一つの事実は、「完全終息は難しい」です。

なぜか?

「事実そうだから」です。


中国では5月10日、新規感染者数が17人増えました。

武漢市で、ロックダウン解除後初のクラスターが起こった。


5月23日、新規感染者はゼロでした。

これは「1月20日以来の快挙だ!」と大喜び。


ところが5月26日、発症した感染者が7人、無症状感染者が
29人増えました。


「中国では終息した」と思いきや、まだまだ戦いは
つづいているのです。


韓国ではどうでしょうか?

文在寅の新型コロナ対応は、国内でも国外でも
高く評価されていました。

それで、与党「共に民主党」は、4月15日の議会選挙で
圧勝した。


誰もが、「韓国は、新型コロナウイルスとの戦いに
勝利した」と思った。

ところが・・・・。

ニューズウィーク5月12日には、こうあります。


<韓国の「勝利」は一瞬で終わった。

規制緩和を控えた週末、新型コロナウイルスに感染してい
る29歳の男性が、バーやナイトクラブがひしめくソウルの
繁華街・梨泰院地区を訪れたのだ。

この男性を中心に発生した集団感染で、12日までに少なく
とも102人の感染が確認され、1日あたりの感染者数も1カ
月ぶりの高い水準を記録した。

問題の29歳の男性は複数のナイトクラブを訪れており、当
局は約1500人がウイルスにさらされた可能性があると推定
している。>


韓国も終息したわけではないようです。


日本はどうでしょうか?

5月28日の東京新聞。


<東京都で28日、新たに15人の新型コロナウイルスの
感染者が確認された。

これで都内の累計の感染者数は5195人となる。

28日までの7日間の新たな感染者は平均9人。

緊急事態宣言が解除された25日までの7日間は平均6・
9人だったが再び増加に転じており、緊急事態宣言解除の
目安としてきた10人程度に再び近づきつつある。 >




また、北九州市では新規感染者数が増えていて、
「第2波か!?」と怯えている。

皆さん、ニュースでご存知でしょう。


日本でも、中韓同様、「緩めるとすぐ増える」というのが
事実なのです。



▼第2波に備えましょう



というわけで、新型コロナウイルスとの戦いは、終わっていません。

気を緩めないでおきましょう。

外出時、特に建物に入るときや人混みにいく時はマスクを忘れず、

手を頻繁に洗いましょう。


そして、第2波に備え、最近たくさん出てきているマスク、
アルコール系ウィットティッシュ、除菌スプレーなどを
買っておきましょう。

自分と家族のためです。


2波が来て、再び緊急事態宣言が出されるようになれば、

また「マスク不足」「ウェットティッシュ不足」になる
可能性があります。


その日に備えて、家族一人につき
60~90枚(2~3か月分)は買っておいたらいいと思います。


いつかは正確に覚えていませんが、おそらく1月末頃、

近所の百貨店で、中国人がマスクを大量に買っているのを
目撃しました。


私は、「これは新型コロナで買いあさっているのだな。
マスクが足りなくなるだろう」

と思いました。

そして、私と妻用に60枚、娘と息子用に60枚買いました。

(60枚入り(大人用)、60枚入り(子供用)を一箱ずつ買
った。)


わければ、私用30枚、妻用30枚、娘用30枚、息子用30枚で
すね。

その時の判断は正しく、しばらくするとマスクが市中から
消えました。

ですが、「量的判断は甘かった」と思いました。


実際、2、3、4、5月と、私の家族は「30枚のマスク」
で乗りきらなければいけなかったからです。


子供たちは、3、4、5月、休校、休園だったので大丈夫
でした。

しかし、大人は、食料の買い出しや仕事でなんやかんやと
外出します。

それで一時期マスクが足りなくなり、アルコールで消毒し、
再利用したこともありました。


今、マスクが出てきてありがたいことです。

しかし、第2波がくれば、再びパニック買いが起こる
可能性がある。


ですから、たっぷり市中に出ている今のうちに
買っておきましょう。


読者の皆さまが、健康でありますように!



●PS

この記事が面白かった方は、裏RPEにご登録ください。

完全無料です。↓
https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8

新しく立ち上げたせいか、人によっては、「これは危険
サイトです!」と出るケースがあるようです。

その場合は、無理に登録せず、私の方にご連絡ください。

メルアドは、tjkitanojp●yahoo.co.jp です。

(●の部分に @  を入れてください。)、









=======================================================


○メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



=======================================================

HOMEプロフィール北野の声読者の声北野の夢北野が登場したメディア|北野が登場した動画|裏RPEバックナンバー