◆ 裏RPE

本文へジャンプ  

 

【裏】RPEJournal=======================================




     【裏】ロシア政治経済ジャーナル No.45


                      2020/9/8


=======================================================

★ナワリヌイ暗殺未遂事件で【ノビチョク】が使われた




全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



今回の話は、表メルマガ8月23日号のつづきです。

まだの方は、まずこちらからご一読ください。

理解が深まります。

https://www.mag2.com/p/news/463282



ざっくりいうと、反プーチンの活動家ナワリヌイさんが
8月20日、飛行機の中で意識不明の重体になった。

ロシアの病院に運ばれましたが、ナワリヌイの奥さんは、
「ロシアの病院にいると殺される」と考え、ドイツへの移送を主張。

ロシア側は当初反対していましたが、
大騒ぎになってきたので、許可を出しました。


ナワリヌイさん。

日本では、あまり知られていません。

ロシア一の政治ユーチューバーで
チャンネル登録者数が396万人。

メドベージェフ前首相が王様並みの別荘を複数所有して
いることを暴露した動画「オン、ヴァム、二、ディモン」
で、世界中に知られることになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=qrwlk7_GF9g&t=619s


これ、ロシア語がわからなくても、見てみてください。

別荘群の豪華さに卒倒することでしょう。

この動画で、「真相究明を求める」大規模デモが起こった。

プーチン政権は、「完無視」することで、危機を乗り切りました。

しかし、政権のダークサイドが知れ渡ったことで、
深いダメージを負ったのです。

ナワリヌイ、「過大評価だ!」という人もいますが、私は
ロシア国内において、「プーチン最大の敵」と認識してい
ます。



▼暗殺未遂では、「ノビチョク」が使われた



皆さん、2018年3月に起きた、
「スクリパリ事件」を覚えておられるでしょうか?

スクリパリは、ロシアの諜報員でしたが、イギリス諜報と
もつながっていた。

いわゆる「ダブルスパイ」ですね。

ロシア諜報から見ると、「裏切り者」になります。

そのスクリパリさんと娘のユリヤさんがイギリスの
ソールズベリーで暗殺未遂にあった。

その時、化学兵器の軍用神経剤「ノビチョク」が使われた
といわれています。

今回のナワリヌイ暗殺未遂事件でも、
同様の神経剤が使われたようです。



<反政権指導者にサリンより強力な毒物…独首相、
露に真相究明要求へ

読売新聞オンライン 9/3(木) 13:35配信

【ベルリン=石崎伸生、モスクワ=田村雄】ドイツのメル
ケル首相は2日、ロシアの国内便機内で重体となった反プ
ーチン政権運動指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏について
、旧ソ連が開発した神経剤ノビチョクと同系統の毒物が使
われたと発表した。>


<メルケル氏は記者会見で、「ナワリヌイ氏はノビチョク系の
神経剤を使った攻撃の被害者だ。最も強い言葉で非難する」
と述べた。

露国内でプーチン政権が関与したとの疑惑があることを念頭に、
「ロシア政府だけが回答可能で、答えなければならない重大な
問題だ」と指摘した。>



ドイツ政府の発表を受けて、大物たちが、
ロシアを非難しています。



<独政府の発表を受け、欧州連合(EU)のジョセップ・
ボレル外交安全保障上級代表(外相)は


「化学兵器の使用はいかなる状況でも決して受け入れられ
ず、国際法違反だ」


と非難した。

英国のドミニク・ラーブ外相は2日、声明を発表し、


「禁止されている化学兵器が再び使われたことは
到底受け入れられない」


として露政府に説明を求めた。  

米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)も2日、


「完全に非難に値する。
証拠に基づき、ロシアで関与した者に責任を負わせる」


との声明を出した。>(同上)



▼ドイツは、ガスパイプライン計画を中止するか?



この件、ロシアに対しアメリカは、厳しい制裁をしない感じです。

なぜか?

まず、トランプさんは、一貫して親ロシア、親プーチンである。

二番目に、彼は選挙戦で忙しい。

三番目に、今は米中覇権戦争の真っ最中。

だから、中国とロシアを同時に敵に回したくない。


一方、欧州は、強い制裁の検討に入っています。

それがロシアとドイツを結ぶガスパイプライン「ノルドス
トリーム2」計画の中止。



<パイプライン建設停止、排除せず ドイツ、暗殺未遂で
対ロシア制裁検討

9/7(月) 20:30配信

【ベルリン時事】ドイツ政府のザイベルト報道官は7日、
ロシア当局の関与が疑われる同国の反体制派指導者アレク
セイ・ナワリヌイ氏の暗殺未遂事件を受け、制裁措置とし
てロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドス
トリーム2」建設の停止も排除しないという立場を示した。  



これは、なんでしょうか?

「ノルドストリーム 2 」ということは、
「ノルドストリーム 1 」もあるのでしょうか?

あります。

2011年から稼働しています。

独ロを結ぶ海底パイプライン「ノルドストリーム」は、
「ウクライナはずし」のためにつくられました。


04年、ウクライナで革命が起こり、親米ユーシェンコ政権
ができた。

ロシアのガスはそれまで、主にウクライナを通過して欧州
に供給されていた。

しかし、ロシアとウクライナの関係が悪化することで、時
々ロシアー欧州のガスが止まるようになった。

ドイツとロシアは、「ウクライナ情勢に左右されない
パイプラインを築くこと」で利害が一致。

それでつくられたのが「ノルドストリーム」なのです。


2016年からは「ノルドストリーム」に並行する
「ノルドストリーム2」の建設がはじまりました。

2019年に完工予定でしたが、遅れています。

理由は、アメリカが妨害すること。

アメリカのシェールガスを欧州に売りたいトランプは、
この計画に大反対。


「アメリカは大金を出してNATOを支え、ドイツを守って
いる。

しかし、ドイツは、ロシアからガスを買うことで、ロシア
に大金を渡している」


と非難しています。

アメリカは、ノルドストリーム2プロジェクトに関わって
いる企業に制裁を科し、建設がストップしているのです。

すでに、建設の90%以上は終わっているといわれます。


そして、メルケルさんはこれまで、
「必ずこのパイプラインを完成させる!」

という意志を示しつづけてきました。

しかし、ナワリヌイ暗殺未遂事件を受けて、態度を変える
かもしれません。

というのは、ロシアに対して強い態度に出なければ、
「何も変わらない」という焦りがあるからです。

ロシアがらみの暗殺、あるいは暗殺未遂事件といえば、

ロシアの元諜報員リトビネンコ、スクリパリ、娘ユリヤ
などが有名です。

しかし、実をいうと、ドイツ国内でも人が殺されています。

AFP2019年12月5日。


<ドイツ外務省は4日、ロシアの外交官2人を国外追放
したことを発表した。

ドイツの首都ベルリンでは今年8月、ロシアのチェチェン
(Chechen)共和国の元反体制派指揮官が射殺される事
件が発生。

ドイツ検察当局は外務省の発表に先立ち、殺害の背後
にロシア政府がいた可能性を指摘した。

殺害されたのは、ジョージア人の
ゼリムカン・カンゴシュビリ(Zelimkhan Khangoshvili)氏(40)。

同氏は8月23日、ベルリン市内にある
クライナーティアガルテン(Kleiner Tiergarten)公園で、
至近距離から頭を2度撃たれた。>



というわけで、メルケルさんは、「ロシアの行動を変える
ために、痛みを伴う制裁を」となるかもしれません。

今後の推移を見守っていきましょう。


●PS

この記事が面白かった方は、裏RPEにご登録ください。

完全無料です。↓
https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8


新しく立ち上げたせいか、人によっては、
「これは危険サイトです!」と出るケースがあるようです。

その場合は、無理に登録せず、私の方にご連絡ください。

メルアドは、tjkitanojp●yahoo.co.jp です。

(●の部分に @  を入れてください。)、




=======================================================


○メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



=======================================================

HOMEプロフィール北野の声読者の声北野の夢北野が登場したメディア|北野が登場した動画|裏RPEバックナンバー