◆ 裏RPE

本文へジャンプ  

 

【裏】RPEJournal=======================================



     【裏】ロシア政治経済ジャーナル No.30


                      2020/6/24


=======================================================

★トランプは「ウイグル人強制収容所」建設を肯定していた?



全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

世界では、毎年毎年面白い本が出版されています。

今、世界の人が大注目している本といえば、ボルトンさんの


「The Room Where It Happened: A White House Memoir」


でしょう。

著者のボルトンさんは、誰でしょうか?

有名なので、ご存知の方も多いと思いますが、
一応触れておきます。

ボルトンさんは、昔から有名なネオコンの大物です。


ブッシュ(子)政権では国務次官(安全保障担当)。

主に北朝鮮やイランを担当しましたが、常に強硬姿勢でした。

さらに、イラク戦争を積極的に推進した人物として
知られています。


2005年、ボルトンさんは、国連大使に任命されました。


2018年3月、トランプに指名され、安保問題担当大統領補
佐官に就任。

2019年9月、解任されました。


トランプさんとボルトンさんは、北朝鮮問題、イラン問題
で対立していたと報じられています。

要するに、ボルトンさんは、トランプさんより強硬だった。

「トランプさんより強硬」ということは、「とても強硬だ」
ということですね。



▼暴露本の中身は?



ところで、この暴露本には、何が書かれているのでしょうか?

私も詳細は知りません。

COURRIER 6月23日付に書かれていたことを、要約してお
きます。


・トランプは、ウクライナのゼレンスキー大統領に、バイ
デンの汚職に関する調査を依頼した。

見返りに「軍事支援」をちらつかせていた。


・トランプは、同盟国を軽視し、プーチン、エルドアン、
金正恩など独裁者の機嫌をとりつづけてきた。


・ロシアによる米大統領選挙介入疑惑でトランプは、米情
報機関より、プーチンの言葉を信じた。


・トランプは、「フィンランドは、ロシアの一部」だと思
っていた。


・トランプは、イギリスが核兵器保有国であることを知ら
なかった。


・トランプは、金正恩にエルトン・ジョンのCD「ロケット
マン」をプレゼントすることに執着していた。


などなど。



▼トランプは「ウイグル人強制収容所」建設を肯定していた?



記事の中には、とても気になる部分もありました。

トランプは、習近平に、「大統領選で俺を助けてくれ」と
要請した。

見返りに、「ウイグル問題は不問にする」と約束した。



<回顧録の発売前にコピーを入手した米紙「ワシントン・
ポスト」によれば、2019年6月、G20大阪サミットで米中首
脳会談がおこなわれた際、トランプは


「中国の経済力で自分を大統領選で勝たせてほしい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と習に頼みこんだ、とボルトンは書く。

「彼(トランプ)は、選挙戦における農家の重要性、中国
がアメリカの大豆や小麦の輸入量を増やしてくれることが
重要だと強調した」

米中西部の農産業は、トランプにとって欠かすことのでき
ない支持基盤である。>

(COURRIER 6月23日)


「チャイナマネーで、俺を勝たせてくれ!」だそうです。


彼はビジネスマンですから、もちろん「無料で」とはいわ
なかったでしょう。

「見返り」は、なんだったのでしょうか?



<その一方、トランプが「見返り」として習に何を約束し
たかというと、中国政府による少数民族ウイグル人の弾圧
を追及しないことだ。

習がウイグル人の強制収容所の建設について弁明しはじめ
ると、トランプはゴーサインを出したと、ボルトンは書く。

「収容所建設が正しいことだと思ったトランプは、習に
建設を進めるべきだと述べた」>

(同上)



これが事実だとすれば、かなりマズいです。


「俺を勝たせてくれたら、ウイグル人100万人を強制収容
してもいい」


ということでしょう?


アメリカは、悩ましいです。

トランプは、確かに「アメリカファースト」というか「
自分ファースト」で、同盟国との関係をボロボロにして
います。


しかし、民主党候補のバイデンさんは、親中派。


2016年8月15日、

「日本に核武装させないために、我々が日本国憲法を書いた!」

と宣言した。


そして、安倍総理の靖国参拝時には、激怒していた。


そんなバイデンさんと比べると、まだトランプの方がマシ
に思えるのです。

いっそ、ペンスさんに大統領になってもらえばいかがでしょうか?


@今日の出所はこちら。

トランプと習近平が日本で「密約」、金正恩にCDギフト─“ボルトン暴露本”の衝撃



●PS

この記事が面白かった方は、裏RPEにご登録ください。

完全無料です。↓
https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8


新しく立ち上げたせいか、人によっては、
「これは危険サイトです!」と出るケースがあるようです。

その場合は、無理に登録せず、私の方にご連絡ください。

メルアドは、tjkitanojp●yahoo.co.jp です。

(●の部分に @  を入れてください。)、








=======================================================


○メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358



=======================================================

HOMEプロフィール北野の声読者の声北野の夢北野が登場したメディア|北野が登場した動画|裏RPEバックナンバー